2009年10月27日

あのアマ、泣かせやがって

こんばんは、最近転職を考えているすとっちです。まぁ転職と言っても同じ業界には変わりないんですが少し前から介護よりリハビリケアの方に興味が出てきて。そんな訳で、ドームが終わったら動き始めようと思っています。にしても、さっきの職人さんの言葉が染みたなぁ。自分が一生ついていこうと思えるような師匠…マドンナしか浮かばん(身近な人じゃないし・笑)

さて、そんな話は置いといて。智くんドラマも始まりました。感想は後日、別のページで書きたいと思います。とりあえず華麗なジャパニーズイングリッシュは萌えました(笑)ドラマに限らず演技をする智くんは「ハキハキ喋る大野智」が堪能できる最高のアイテムですね。

チャレンジ嵐週間。既にスタートから2日経ちましたが、皆さん漏らさずチェックなさってますか?私は必死ですが今のところ無問題です。ニノが出た行列はイマイチだったけど今日の翔くんのは面白かったなぁ。同じ司会なのに不思議だ(笑)
というか、やっぱり大相撲ファンとしては安馬(アマ)改め日馬富士と嵐メンバーの2ショットに興奮しまくりですよ。土俵じゃ決して大きくない力士ですが、小顔でスリムな翔くんと並ぶと流石にデカイ。そうそう、翔くんせっかく「NEXTジェネレーション」とかやってんだから若手力士なんかバンバン呼ぶべきだと思うんですが。紳助さんも言ってたけどニュースと一緒に、私としては何とか大相撲も翔くんの力で若い人達に…(必死)あと今日の日馬富士は絵も趣味なんで智くんとも話が合うかも(笑)

と思ってたら今宿題くんで出た5000枚サインすげー!!!(驚)さすが嵐くんだ…当たらなくても感動です。当たった人は一生の宝物だね。オークションに出品するような馬鹿にだけは絶対に当たりませんように(笑)
posted by O-S at 00:00| 嵐関係

2009年10月22日

プリンス・オブ・ポップ

中学時代バナナラマ版「ヴィーナス」が大好きだったので、先日のうたばんSPでカバーを歌ってくれた演歌歌手の長山洋子に感動したすとっちです、こんばんは。いや〜、面白かったなぁ。カバーしてたのは知ってたけど歌うの観たのは初めてかも。

同番組でジャニーズの歴代ヒット曲集もやっていました。凄いよね〜、やっぱりジャニーズは。歴史があるよね。そこらの芸能事務所と一緒にして貰っちゃ困るよね、やっぱり(笑)いやマジで別格ですわ。
その別格中の別格が自分にとっては言うまでもなく嵐くんな訳ですが、ちょっと最近になってムカつく事があります。まぁ裏を返せばそれだけ嵐くんが凄い位置にいるって事なんですが。
嵐の現時点での全シングルの中で売上枚数が1番低いのは「PIKA★★NCHI DOUBLE」の13万枚です。ある時ネット上で「あんな良い曲なのにそれだけしか売れなかった(ムキーッ!)」というのを見たんです。…「それだけ」?13万枚が「それだけ」?智くんのファンになるずっと前ですが、最高売上枚数がそれ以下のグループを約3年間応援してた事がある自分は、ハッキリ言って「ふざけるな」という感じです(笑)
確かにミリオンなんかと比較すればうんと低いけどさ。最低でも累計が10万枚に満たなかった事がない嵐が「売れなかった」とは、つくづくレベルの高い話だなと。13万枚も売れてて「売れなかった」だよ。
そういう見方を常にされてる彼らは大変だなと思うわけです。あ、ムカつくのは嵐本人にじゃなく、そういう基準にだね(笑)計り知れないプレッシャーだね。当たり前だけど私にはできない事だ。ホントに凄い人達ですよ。しかし、こうなると何だかジャニーズの「ノーヒット」曲集も観たくなりました。
posted by O-S at 00:00| 嵐関係

2009年10月07日

3つ目の楽しみ

気になっていた海外ドラマ「THE TUDORS・背徳の王冠」が先週の土曜だったかな?スカパーで先行放送されたので観ました。個人的に西部劇と中世ヨーロッパものは面白い物とつまんない物の差が激しいので、主演が演技派のジョナサン・リース=マイヤーズじゃなかったらスルーだったかもしれませんが、これがまた何とも面白かったです。

THE TUDORS

↑この人の醸し出す雰囲気は何となく松潤に似てます(笑)11月3日からAXNミステリーで正式にスタートですが、のっけからオッパイ祭りなので未成年の方は親御さんに許可を貰ってから観て下さいね。

ジョナサン・リース=マイヤーズってコンスタントに出演してる良い俳優だと思うんですが、やっぱり未だに「ベルベット・ゴールドマイン」の兄ちゃんて印象でした。しかし去年公開された「奇跡のシンフォニー」で一気に私の中で盛り返したイメージです。というか奇抜だったり一癖あったりする役の印象が強かったせいか、あんな“優しいパパ”を演じてたのが新鮮てのもありました(笑)

奇跡のシンフォニー

↑このシーンがめっちゃくちゃ良かった。こんな親子カッコイイな〜。お互いに父と息子って知らずに偶然出会ってセッションしてるシーンなんですが、ここラストシーンより好きです。

そんなジョナサンの本領発揮的な内容(?)の「THE TUDORS」、来月からの放送が楽しみです。智くんドラマ、相葉ちゃんドラマ、そしてヘンリー8世で秋の主食はだいたい決定しました。

日経エンタテイメントの智くんが可愛い〜!彫刻のような横顔と「シャー!」の対比がメチャクチャ良い〜(笑)←もしくは「ガオー!」でしょうか。
posted by O-S at 00:00| その他

2009年10月02日

10月になりました

結成10年おめでとう!も、アルバムミリオンおめでとう!も、ここで言えず面目ないです。秋のドラマは深夜しか観るモンないなーと思っていたら、某侍高校生はどう考えてもヒロインとヒロインの親友役のキャストが逆だろうがコラアアア!と放送局に全力で抗議したくなったすとっちです、こんばんは。

夢の国立3日間が終わり、東京ドームは全滅しましたが、マダマダ夢気分が抜けておりません。もちろん勝つまで諦めませんが、国立の余韻だけで1年くらいメシが食える勢いです(笑)
やっと生で会えた健太くん、スクリーンに映し出された小さい頃の5人、キター!なアレルギー、あまりの豪雨で最終日だけ地上で踊ったtruth、大サビの連発花火がカッコ良かったBelieve、人の顔が肉眼でギリギリ確認できる位の高さが最高に怖いと思っている事で翔くんに同情し嵐くんを益々尊敬した演出などなど。仕事中以外はローテーションであの時の情景が駆け巡っている毎日です。

ただいまアメリカの王子(笑)BSB来日中ですが↓
BSB

嵐もだけどBSBもホントにデビュー当時から(ケビン脱退以外)変わらないな〜と喜びを噛み締めつつも、まぁイベントも外れたし今回は新アルバムと出演番組チェックだけでいいやといつもより目が行ってないのも事実です。恐るべし嵐10周年(笑)

という訳で今は日テレと天然ドラマと嵐くんPV集が楽しみなんですが、1つだけ我慢してる事が。コンプリートPV集出すの嵐くんだけじゃないんですよ(泣)よりによってマドンナ様もなんですよ。大変な時に重なり過ぎでしょーが、何だこれ。あ、出すじゃなくて、もう出たんだ。発売日今日でした(笑)我が女王様マドンナのPVはディスクで持ってるのは皆無だし持ってないのもあるので待ちに待ってたんですが、もう10周年祭りが過ぎるまで更に待つ事にしました。
ファンの私が言っても説得力ないと思いますが、おそらくマドンナのクリップは「ファンじゃなくても楽しめる」という意味でマイケルのそれと同等の世界的芸術作品なんじゃないでしょうか。ヨーロッパやアジア、そして我が国でも多数の類似品を見かけるほど(笑)音楽映像界にどれだけの影響をもたらしたのか計り知れません。
そんな数え切れない傑作の中で私の特にお気に入りの一つが、彼女の中では地味な曲なんですが「Don't Tell Me」のPVです。PV自体もシンプルな作りですが、2分14秒からのダンスなんて智くんにやって欲しい〜!と何度思ったか(笑)まぁ智くんバージョンで見たいUSポップなんて星の数ほどあるけど、でもこれだけ持ち曲も増えてスケールもデカくなった嵐のリーダーが今更洋楽カバーなんてやらないよねー、実際(残念)

Don't Tell Me

↑「Don't Tell Me」より。大サビ前のこのシーンも絶妙。マドンナにかかれば単なる砂さえ珠玉のカッチョアイテムに変身。全部見たら分かりますが、例えば私が真似したら鼻か口に入って完全に大惨事。

あ、そうそう、10周年記念にPCの壁紙を智くんにしてみました↓
たそがれ智

ここを見て下さる方は嵐ファンで間違いないと思いますが、やっぱり壁紙は嵐もしくはメンバーの誰かか、それ関連なんですかね?私はあんまり嵐関係にした事がありません。理由は見とれてしまい起動してから作業が進まないからです(笑)なのでこれも早い時期にチェンジしてしまうかも。同じ理由でマドンナやブリちゃん、BSBや好きな俳優も設定した事がありません。ちなみに、だいたいどっかの景色ですね。目に優しい色彩の(笑)

まぁこのような状態で過ごしています。昨夜は久々にリアルな嵐の夢を見ました。馬鹿話なのでスルー推進(笑)

「嵐の国立で恐怖のハプニング!」

↑こんな見出しが各スポーツ新聞を飾りました。一瞬フライングの装置がどうにかなったのかと思いますよね。ご安心下さい、現実通り翔くんがtruthで停止した以外は大丈夫です。このニュースのヒーローは智くんでした。しかもマジでヒーローでした(笑)
問題のハプニングは何と「アレルギー」の真っ最中。もちろん翔くんのエア白菜でもありません(笑)曲中で先頭にいた智くんが、いきなり持っていたニンジンを前方に思いっきり叩き付けるように投げたかと思うと、次の瞬間風助張りの華麗な回し蹴りを繰り出し、また次の瞬間何事もなかったかのように普通にダンスを再開しました。
あまりにも一瞬の事で「あんな振付あったっけ…?」と思っていたら、ステージ上の嵐の横でぶっ倒れている黒い服の不振な男を発見(汗)スポットライトの外で分かりにくいのですが、その倒れた不審者は速攻でスタッフに担ぎ出され、その後逮捕されました(笑)
翌日の新聞に上記の見出しと「癒しのリーダーが乱入者を撃退」なる文字が(笑)御丁寧にインタビューまであり「スタッフでもJrでもバンドメンバーでもない人がステージにいるのは変だと思って、しかもこっちに向かって来たので気が付いたら蹴ってました」と、あっけらかんとした智くんのコメントが載ってました(笑)ついでに東スポは「彼は嵐のキース・リチャーズだ」で締め括ってました←意味が分からない方は“キース・リチャーズ ギターで殴る”で検索して下さいませ。

実際の智くんが万一同じ事態になったらどういう対処をするのかは分かりませんが(まぁステージに上がる前に止めてくれないと困りますが)ホントに夢で良かったです。カッコ良かったけどさ(笑)
posted by O-S at 00:00| 嵐関係